肉体的に若い場合の早漏克服の方法

年齢を重ねてくると、勃起不全が早漏を招くことが多いですが、肉体的に若い年代ならば早漏のほとんどは過敏性の症状です。
過敏性早漏とはペニスが刺激に慣れておらず、すぐに射精してしまうことです。
射精までの時間は1~3分以内なら早漏と考えていいでしょう。
女性を満足させられるかどうかが重要ですが、3分で絶頂を迎えられる女性はほとんどいません。

肉体的に若いころは、オナニーをしても早く射精するものです。
はじめてオナニーをしたときは、その快感に感動したはずです。
しかし、日課として毎日行うようになると、快感にも慣れていくものです。
以前に感じたような強烈な射精感はなく、快感は減退していきます。
このようになると、射精コントロールを行いやすくなるものです。
ペニスは鈍感すぎてもSEXを楽しめませんが、敏感すぎても早漏を招くなどデメリットが大きいのです。
快適なSEXを楽しむために早漏克服をするならば、10分~15分を目標に頑張ってみましょう。

肉体的に若い場合の早漏克服法として最適なのは、オナニーによる性欲コントロールです。
若いころは精力が旺盛であり、1日に何度でもSEXを楽しめるものです。
性的興奮に対して敏感であり、ペニスはギンギンに硬くなります。
EDとは無縁の状態で早漏になるなら、SEXする前にオナニーをして射精しておくことです。
非常にシンプルな早漏克服法ですが、最も簡単かつ効果的な方法です。
オナニーで射精したあとはペニスが鈍感になっているため、SEXをしてもすぐに射精することはないでしょう。
この早漏克服法は風俗をよく利用する男性も実践している方法です。
SEXする何時間前くらいにオナニーをしておけば、女性を満足させられるか模索して試してみましょう。