生活習慣を改善することでセロトニンが増える

早漏になってしまう男性は、セロトニンという遺伝子が減少することが原因といわれています。
セロトニンは、神経伝達物質の一つでほかの神経伝達物質であるドーパミンの快感や喜びなどの情報を安定させる働きをします。
セロトニンが減ってしまうと、ドーパミンの分泌が抑えられなくなり、通常の快感よりも多く感じるようになってしまいます。
射精するときの交感神経が敏感になり早漏になるという仕組みです。
セロトニンが減ることでブレーキが効かなくなりドーパミンが増えてしまうと暴走してしまうという仕組みです。
ですから、早漏を治すにはセロトニンを増やすことが肝心です。
セロトニンを増やすためには、生活習慣を改善することが肝心です。
セロトニンを増やすには、食材で補うことが簡単です。
セロトニンを増やすことのできる食品は、トリプトファンというアミノ酸が含まれているものです。
トリプトファンは、脳内でセロトニンを作る材料となります。
トリプトファンがふくまれているのはバナナ・牛乳・納豆・豆腐・肉類など日常食べるものばかりです。
このような食品を積極的に摂り、よく噛むことでセロトニンが増えるのです。
規則正しく食事を摂れば、トリプトファン欠乏にならずセロトニンが増え早漏を治すことができます。