セロトニンを増やすと健康状態も良好になる

セロトニンとは、必須アミノ酸の一つであるトリプトファンから産生される成分です。
人間に関して言うと、生体リズムや睡眠・体温調節等の生理機能や、気分障害や統合失調症等の病気に関係するとされています。
セロトニンには、ドーパミンやノルアドレナリン等をコントロールする働きがあり、精神を安定させる効果があります。
精神の安定は、健康に毎日を送るためにも大切な事です。
そのため、セロトニンを増やす事は、健康状態が良好になる事と深い関係があると言えます。

セロトニンを増やす方法としては、様々な方法が考えられます。
まず一つ目に、日光を浴びる事があります。
日光を浴びると、セロトニン神経の活動が活発になります。
これによって、セロトニンが増えるのです。

二つ目に、朝食をきちんと摂る事が挙げられます。
セロトニンの素となるトリプトファンは体内では作られないので、食事等で体外から摂取する必要があります。
トリプトファンを多く含む食材には、牛乳やチーズ等の乳製品、納豆等の豆類等があります。
これらを朝食で摂取する事で、セロトニンを増やす事が出来ます。

他にも、リズム運動を行なうのも有効です。
リズム運動とは、一定のリズムで筋肉を緊張させたり弛緩させたりする運動です。
代表的なものとしては、ジョキングやサイクリング等があります。