セロトニンの分泌量を増やして早漏克服

早漏を引き起こす原因として、脳内物質が深く関わってきます。
最も関連性が高いのがセロトニンとノルアドレナリンです。

射精の順序は、副交感神経が優位に立つことで勃起し、性行為、及び性的刺激により興奮することで交感神経が優位になり、交感神経の働きが限界点に到達することで射精します。
つまり、早漏の方はセロトニンの分泌量が少なく、交感神経が優位になりやすいため射精するまでの時間が短くなっているのです。
セロトニンの減少理由として、精神的ストレスがあります。

ノルアドレナリンは興奮時やストレスや不安を感じた時に分泌され、交感神経のはたらきを促進する効果があります。
一方でセロトニンはノルアドレナリンのはたらきを抑制する効果があり、交感神経が優位になりにくくしてくれます。
また、脳内の過剰興奮を抑えてくれるはたらきもあるため、早漏のさらなる改善効果も期待できます。

そのため、セロトニンの分泌量を増やしていくことにより、早漏克服へと繋がっていくのです。

セロトニンの分泌量を増やす薬はすでに存在しており、もともとは抗うつ剤として使用されていました。
薬局などでは販売されていないため、入手するには医師の処方が必要になります。