早漏克服には不規則な生活はマイナス

早漏やEDは、心理的な要素も大きな要因となっている場合があります。
自律神経の乱れが早漏やEDに大きく関わっている場合もあるので、不規則な生活はマイナス要素となります。

早漏克服には、肉体的な原因の場合は手術などによる治療が必要となる場合もありますが、現在では早漏を改善する治療薬が海外で製造販売されています。

代表的な早漏改善薬には「プリリジー」と「タダポックス」があります。

「プリリジー」は、錠剤の早漏改善薬として初めて海外で製造販売された医薬品で、主成分としてタポキセチニンが配合されています。
タポキセチニンは、抗うつ薬などにも使われている成分で、自律神経のバランスを整える働きがあります。
自律神経には交感神経と副交感神経がありますが、不規則な生活やストレス、不安が強くなると、交感神経が優位となりノルアドレナリンの放出量が多くなり、副交感神経であるセロトニンが減少してしまいます。
これらの自律神経が乱れると、早漏の不安や性行為中の強い興奮で、よりノルアドレナリンが大量に放出され早漏の原因となってしまいます。
プリリジーに配合されているタポキセチニンには、ノルアドレナリンの増殖を抑え、セロトニンを増やす作用があるので、自律神経が正常に働き射精までの時間を伸ばす効果があります。

「タダポックス」は早漏改善とED改善が一緒になったジェネリック医薬品です。

タダポックスにもタポキセチニンが配合されていますが、タダラフィルと言う成分も含まれています。
タダラフィルはEDの原因となる酵素を抑えて血流を増加させることによって勃起するようになります。

これらの薬の購入方法は、医療機関で医師の処方を受けるか、ネット通販などでの個人輸入となります。